Read Article

実は!冬もワキガ臭が発生しやすいのです

実は!冬もワキガ臭が発生しやすいのです

ワキガといえば夏などの暑い時期に脇から出る汗が原因で臭いが発生しますが、ワキガ体質の人は年中ワキから臭いを発しています。

もちろん、悪臭の強弱はありますが、アポクリン汗腺からの汗は少量でもワキガの原因になっています。

なので、冬には汗をあまりかかないのでワキガの臭いは出ないんじゃないの?と思われがちですが、実はかなりワキガ臭を発生させている場合が多いんですね。

その理由はズバリ「厚着」です。

冬は寒いのでセーターやダウンジャケットなどを着ることが多くなります。外は寒いのでそれなりの厚着をしないといけませんが、そのまま電車やバスに乗ったり、暖房の効いているデパートやショップに入ったりすると、暑くて汗をかいてしまうことがありますよね。

ひどい時には下着がぐっしょりするくらい汗をかくこともあるので、ワキガ体質の人は当然臭くなります。

私も冬にセーターを着たまま事務所で仕事をしていて暑くなってきたので、襟首から服と肌の間に空気を入れようとしてセーターの胸のあたりをつまんでバフバフさせると、襟首からムワッとワキガの臭いが漂ってくることがあります。

おそらくワキガの自覚のある方は経験があるのではないでしょうか?

冬だからと侮らずにワキガケアを!

冬場はあまり汗をかかないと思われていますが、実は厚着のせいでかなりの汗をかいています。しかも、セーターやダウンなどを着ているので、密閉された脇は汗で蒸れた状態になりますから、余計に臭いが発生しやすくなってしまいます。

夏と同じとまではいいませんが、冬場も油断しているとかなりのワキガ臭を周りに振りまいている可能性がありますよ。コタツの中でオナラをすると普通の数倍クサイように、暖房の効いている部屋ではワキガの臭いがキツク感じます。

ワキガの自覚のある人は、冬場でもきちんとワキガ対策を行いましょう!

Return Top