Read Article

子供のわきが予防 | イジメや不登校から子供を守るために

子供のわきが予防 | イジメや不登校から子供を守るために

子供のわきが予防

思春期にワキガが強くなるケースが多い

ワキガは遺伝するケースが多いので、貴方、もしくはあなたのご主人や奥さんがワキガの場合は、お子さんもワキガになってしまう可能性がありますし、両親がワキガの場合は80%という高い確率でワキガ体質を受け継いでしまいます。

子供のワキガは早めの対策を!の記事でも書きましたが、クサイというのは簡単にイジメの対象となってしまいます。

早い子では小学生からワキガになるケースも増えていますので、洗濯の時に子供の服のニオイをチェックして、早めにワキガの予防をしてあげたほうがいいですね。

大人であれば食生活から見直すのが最も効果的だと思いますが、子供の場合は成長期という事も有りますので、基本的にはしっかりと栄養のある食事を取らせながら、なるべく脂肪や動物性タンパク質を控えるようなメニューを考えてあげるといいと思います。

まずは石鹸でワキを清潔に

ある程度の年齢になると、お風呂も1人で入るようになりますので、親が身体を洗ってあげるというわけにはいきません。
特に男の子はカラスの行水で、5分もしないうちにお風呂から出てくる子もいるので、頭や体をどのくらい洗っているのか不安です。

きちんと身体やワキを洗うように言い聞かせる事も大切ですが、ワキの臭いをしっかり消せる石鹸を使うとより効果的です。
おススメはやはり柿渋石鹸ですが、大人のワキガほど臭いがしていない場合は市販の石鹸でもいいので、ワキを丁寧に洗うように言ってあげましょう。

子供にも使えるデオドラント製品でケア

石鹸でワキを綺麗に洗っても、ワキガの場合は次第に臭いが出てきますので、子供の肌にも使える刺激が少ないもので、かつしっかりとした消臭効果のあるデオドラント製品でケアをしてあげる必要があります。

わきがレスキューで最もお勧めしているのが、ラポマインというデオドラント製品です。
無添加で「赤ちゃんの肌にも使える天然成分」で作られているので、子供にも問題なく使う事が出来ます。

肌に優しいデオドラント製品は効き目が弱いモノも多いのですが、このラポマインは肌にとても優しいにもかかわらず、しっかりとワキガの臭いを抑える効果効能がある「厚生労働省の認可を受けた医薬部外品」なので、子供のワキガ対策用品としては最適です。
こちらで⇒ ラポマインを使った感想をレビューしていますので、参考にして下さい。

Return Top